tocotoco. 様

HP,内装,写真,映像の
総合プロデュース

旭川の7条通り緑道に佇むレザークラフト専門店tocotoco.様。ピアス、財布、鞄など1つ1つ手作りで制作しており、全ての商品をオーダーメイドできるのが特徴。

そんなtocotoco様からご依頼をいただいたのは、2021年の夏。初めはHP制作のご依頼でした。

お店が感じている課題(初回の打ち合わせ)

最初の打ち合わせ。お店の雰囲気を感じたくてtocotoco.様へお邪魔しました。
お店の扉を開けると、はじめに工房のような革の数々が目に止まりました。
店内を見渡すとたくさんの革製品、木を基調とした空間。オーナー様の「好き」が詰まった素敵な空間でした。

店内にディスプレイされていたぬいぐるみやオーナメントからオーナー様の人柄が伝わって来るようで、店内のどこを切り抜いても好きで満たされていて、商品を探す楽しさがそこにありました。

お店のコンセプトやターゲット層、現在来店されるお客様の雰囲気など細かくヒアリングさせていただきました。
(ヒアリングの最中に知ったのですが、tocotoco.様の革製品は染めるところからスタートするそうです・・!)

そして現在感じている課題もお伺いしました。

・集客(SNS集客もふくめ)
・商品が高いと感じられてしまう

などといった課題をお持ちでした。

当社は何ができるだろうか?
HP制作で何ができるだろうか?
一度社内に持ち帰り、会議をしました。

「本当の課題」はなにか?を考える

どのような仕様でデザインにするべきか?どんなHPが最適かを考え続けました。
その結果わたしたちが提案させていただいたのは「店舗内装のリニューアル」でした。
(ホームページ制作はそのあと)

HP制作としてお仕事をいただいて、なぜこのような提案になったのか?
そこには「ターゲットと導線の相性」「客単価の向上」の2つの観点があります。

初回の打ち合わせで伺ったターゲットは30~40代女性でした。
子育てと家事、働くママ、などがターゲットを象徴されがちなキーワードだと思います。
そして共通するのが「時間がない(忙しい)」ということ。

ここで初回打ち合わせの時の話に戻ります。

・好きが詰まった空間
・ぬいぐるみやオーナメントのディスプレイ
・商品を探す楽しさ

これらは素敵なことですが、「時間がない人」にとってはマイナスに働いてしまうなと感じました。
商品を知るまでのストロークが長いことは、ストーリーや背景を感じることもあるけど、時間がない人にとっては遠回りになってしまうのではないかと。
さらに店内の情報が多いので、オーダーメイドができること、革を染めることから始めていることも伝わりづらくなってしまってました。
最終的にはオーダーメイドへ

お店にとってのセールスポイントがディスプレイなどの装飾やレイアウトによって伝わりづらくなってしまっていることの改善からご提案させていただきました。

内容リニューアルの成果

HP制作でお話をいただいたにも関わらず内装の提案したわたしたちを受け入れていただき、改装作業が始まりました。

商品のディスプレイ、レイアウト、導線、外から見える店内の様子を考え2日間かけてリニューアルさせていただきました。元ある棚を撤去して、新たな棚を作成させていただきました。

内装をリニューアルして1ヶ月ほどしてオーナー様にお話を伺ったところ、ターゲットにされていたお客様の来店が増えオーダーメイドのご注文も昨年に比べて増えているとのことでした。
(本当に嬉しい限りのお言葉)

そして、内装リニューアルをすることで「お客様に何を伝えたいのか」が明確になり、たホームページの完成形がよりはっきりと見えてきました。

写真撮影、映像制作

リニューアルされた店内で撮影を行いました。
写真も映像も1名モデルさんをキャスティングしての撮影。
革の肌馴染みや手に取る楽しさをより伝えるためのキャスティングでした。

約5ヶ月を経て全てが完成!

夏にお話をいただいて2021年のクリスマス直前に完成しました。

シュビイッカンは全ての制作について「何を伝えたいのか」「お客様にどう感じていただきたいのか」が明確じゃないと上手に伝えることができないと思っています。

今回長く携わらせていただくことでオーナー様の想いを感じ、二人三脚で制作を進めさせていただきました。

映像制作では、オーナー様がピアノ好きであることを知らなかったけども、ピアノの音源をBGMに採用していたりと深く関われたからこそ生まれた偶然があったりと、作ることの楽しさもtocotoco.様のプロジェクトで感じさせていただきました。

▼tocotoco.様ホームページ

https://tocotoco-asahikawa.com/